ストレス社会

便秘に効くとされる薬の詳細

よくドラッグストアや、ホームセンターなどで見かける便秘薬にはテレビで見たことのある、有名な錠剤などがあります。
この薬と言うのは、薬の押し出す力で腸壁から便を押し出してやるものであまり身体に良いとは、言えないものです。
しかし、薬を使わないと出せない人も居るのも事実ですね。

その証拠として、この薬を使った時には必ずと言っていいほど腹痛を伴いますから、身体に良いものとは言えないでしょう。
ですから出ないからと言って、必ずこの薬を飲むようにするとやがては体は慣れてしまってこの薬なしでは、出すことができないからです。
そしてそのように、便秘の薬に頼りすぎている人の腸を見るとその中は真っ黒で黒皮症と、呼ばれるものになってしまいます。

この状態は何度も便秘薬で、腸内から無理やり押し出している結果なるもので腸内の環境も、悪くなっているのです。
これは便秘薬を多用している人が、かかるものなのですが腸内はとてもグロテスクですので、あまり良い環境とは言えないですね。
そして薬を使うときは、どうしても出ない時などというよう決めてあまり頻繁に使うような事は、避けるようにしましょう。
ついに生活習慣を改めて、適度な水分を取って規則正しい生活を心がければ大抵は、便秘解消するものです。

このページの先頭へ